変化していく葬儀業界

現代の経済ではさまざまな業界がその時々に合わせて戦略を変化させる事で生き残りを図っていますが、こうした動きは葬儀業界にも見られるようになっています。
葬儀は人の一生に関わる重要な儀式であるというのは事実ですが、現代だとお寺が檀家のためにお経を唱えて弔うという姿はあまり見られなくなりました。
大半の家庭では誰かがなくなった際に葬儀業者を呼んで対応をしてもらっているため、やはり経済活動をする事業者が関係してくるわけです。
しかし葬儀に対する人の考え方も現代では様々に変容しており、特に「何百万円も支払う必要はない」と考えている人はかなり多くなっています。
そのため最近では大手のスーパーマーケットチェーンが業界参入を果たし、これまでとは異なる十万円以下などの安価な葬儀を提供するようになっているのです。
もちろんこれに対して反論をする寺社も多くありますが、こういった変化は今後も続いて行く可能性が高いでしょう。