葬式仏教について

現代社会では、葬式仏教という言葉があります。仏教と歴史の流れを知らない人は批判的な見方をしています。しかし、仏教と歴史、文化は強いつながりがあり、外国からの影響を受けています。葬式仏教と呼ばれるようになったのは、近年仏教とのつながりを感じることが少なく、西洋文化の影響からとも言えます。葬式の時だけ、仏教の教えを表す作法やしきたりを煩わしく感じる言葉でもあります。仏教の教えを学ぶ機会を持ち、巡礼の旅に出る人もいます。葬式についてのイメージがかわります。供養することの大切さや歴史にでる僧侶達の布教の苦労を知ります。お寺は、素晴らしい観光地として世界遺産となり、日本の誇りになっています。世界の人々を感動させている建物は、葬式仏教というイメージとは全然違います。供養することの大切さ、宗教の大切さ、歴史の偉大さに感動します。日本の世界遺産をもっと知りたいという思いを持ちます。先祖の偉大さを知ります。